カジノカフェは違反行為の対象に

オンラインカジノは、手軽に行えるように作られていることもあり、どうしてもカジノカフェのようなところが生まれてしまいます。これはインカジという名称も使われているのですが、当然違反行為とされていることです。なぜ違反とされているのかは、賭博法に違反するカジノ行為を行わせているからです。

ファイヤーイメージ

逮捕されている事例がある

実際にカジノカフェは、何度も摘発されており逮捕者が出ています。2006年にはニュースにもなったくらいであり、裏ではこっそりとオンラインカジノを利用してカジノカフェを作り、営業形態でカジノをさせているような状況を作っていたこともわかりました。これは常習賭博とされていることになりますので、常習的にカジノを利用させられる状況を作っていたことは違反行為になります。
法に違反していれば逮捕されることは当然のこととなっていて、後から摘発される事例もあります。また1回逮捕されている人が出てしまうと、他の人が行っていたのかもしれないと思われて、追加の調査も当然行われてしまいます。この調査によっておかしなことが判明しているようなら、更に逮捕される可能性も増えてしまいます。

それは日本の法律がインターネットの発展に追い付いていない現状が理由であるとされており、また法を改正するためには様々な手続きが必要になるために、現在の状況となっているのでは。それから、テレビなどを見ていると芸能人がラスベガスなどへ旅行に行って、カジノを楽しむ映像を目にしたことはありませんか?その後これらの芸能人が摘発されるようなことはありませんよね。つまり海外で合法とされているギャンブルを楽しんでも賭博罪が適用されることはなく、帰国後に逮捕されてしまうようなことはないのです。
引用:安心してオンラインカジノを楽しむために

原因はオンラインカジノを使って賭博を続けていること

本来個人でオンラインカジノを行っている場合は、逮捕される可能性は非常に小さくなっています。違反とされているオンラインカジノを利用していない限り、問題なく続けることも出来ているのですが、カジノカフェの場合は別になります。カジノによって常習的に賭博をさせるような状況を作り出し、常に営業してこれによって利益を得ているならそれは大きな問題になります。
オンラインカジノを使っていることで、一見するとバレないように作ることは可能ですが、警察は営業形態をしっかり監視しており、何かおかしなことが起きていると調査を行い、最終的に突入して現行犯で逮捕することも多いのです。

摘発によってこうした方法は使われなくなる

カジノカフェは何度も逮捕されていることがあり、摘発の対象になりやすいことから徐々に消えつつあります。実際に摘発されている人が多くなっていることを考えると、あまり摘発されたくないと思って、闇カジノの方針を採用していることもあります。
オンラインカジノを使えば、手軽にカジノカフェを作ることは可能となっています。しかし行っていることは間違っているので、実際に入ってオンラインカジノをプレイすることは、利用者も違反となり逮捕されることになります。